recipe
レシピ

大根と鯖の味噌煮

【フードコーディネーター】
馬場翔子

カテゴリ おかず 所要時間 30分 分量 2人分

今が旬の大根と鯖の味噌煮缶を使った簡単&時短おかずのご紹介です。生姜がめっちゃ良い仕事しています◎更に煮込む前に電子レンジを使用することで大幅に調理時間が短縮できちゃいます。何度も試作した一品…!参考になれば嬉しいです。

材料・分量

大根 1/3本(約400g程)
鯖の味噌煮缶 1缶(約200g)
[A]生姜(スライスorすりおろし) 1かけ
[A]水 300mL
[A]醤油 大さじ2
[A]料理酒 大さじ1
[A]みりん 大さじ1
[A]砂糖 小さじ1
刻みネギ
糸唐辛子、一味唐辛子など お好みで

下準備・作り方

  1. 大根は皮を剥き、1〜1.5cm幅の半月切りにする。耐熱容器に入れ、ラップをふんわりかけて、電子レンジ(600w 10分)加熱する。(※目安は竹串がスッと刺さるぐらいです。様子を見ながら調整してください。)
  2. 小鍋に[A]を加えて、中火にかける。一度沸いたら①の大根と鯖の味噌煮缶を汁ごと加え、蓋をして15分程煮込む。
  3. (※すぐに食べても美味しいですが、30分〜1時間程余熱で放置しておくと更に味が染み込んで美味しく召し上がれます。)器に盛り、刻みネギや一味唐辛子を散らす。

大根と鯖の味噌煮

【フードコーディネーター】
馬場翔子からのワンポイントアドバイス

⭐️水分が蒸発して焦げそうになった場合はお水を途中で足してあげてください。⭐️大根の皮は捨てずにとっておくと更に一品作れちゃいますよ!(レシピは近々upしますね)⭐️大根を電子レンジで加熱すると、繊維が壊れ、水分が飛ぶため、出汁で煮た際に味がより染み込みやすくなります。(←時短調理にも繋がる)⭐️鯖缶には「DHA」が豊富に含まれています。DHAとは鯖、鰯、秋刀魚などの青魚に含まれている脂肪の成分。⭐️DHAの効能→血管の若さを保つ、コレステロールや中性脂肪を下げる、認知症の予防や改善、ストレスやうつ病の改善、記憶力やIQのup、血液をサラサラにする、アレルギーの改善をサポート…など⭐️DHAは水や油に溶けやすいので、調理法によっては流出し失われてしまいます。ですが、鯖缶は製造工程で鯖を生のまま詰め、空気を抜いて加熱するため、汁にDHAが溶け出しています。魚の旨みも溶け出しているので、缶汁ごと調理するのがオススメです!*ˆˆ*

このレシピをSNSでお友達に教えよう♪