recipe
レシピ

蓮根とひじきの鶏つくね &【スタイリング】秋のお弁当

【フードコーディネーター】
Mayumi Iwata

カテゴリ 野菜, 肉, おかず, 和食 所要時間 30分 分量 1人分

作り置きできてお弁当のおかずにもオススメの鶏つくねの照り焼きと、秋のお弁当の詰め方をご紹介します。

材料・分量

【蓮根とひじきの鶏つくね】6個分
鶏ひき肉 200g
蓮根 50g
芽ひじき 小さじ1
長ネギ 10cm
卵(溶いたもの) 大さじ1
パン粉 大さじ4
ひとつまみ
サラダ油 適量
蓮根スライス 6枚
[a] みりん 大さじ3
[a] 酒 大さじ1、1/2
[a] 醤油 大さじ1、1/2
[a] 砂糖 大さじ1/2
[a] 片栗粉 小さじ1
【秋のお弁当の詰め方】
炊き込みご飯
蓮根とひじきの鶏つくね
卵焼き
さつまいもと人参の煮物
小松菜の胡麻和え
シソ
プチトマト

下準備・作り方

  1. 【蓮根とひじきの鶏つくね】ひじきは水で戻し絞っておく。蓮根50gと長ネギはそれぞれみじん切りする。aは合わせておく。
  2. ボウルに鶏ひき肉、パン粉、卵、塩を入れて粘りが出るまで混ぜる。長ネギ、蓮根、ひじきを加え均一に混ぜ、 6等分にする。手にサラダ油を付けて、厚さ1cmの丸に成形し、片面に蓮根スライスを乗せる。
  3. フライパンに油を入れ、中火で両面焼き色を付ける。 aを加え、トロミが付くまで全体に絡める。
  4. 【秋のお弁当の詰め方】 弁当箱の1/3に炊き込みご飯を詰める。
  5. 仕切りにシソを立てかける。
  6. 蓮根とひじきの鶏つくね、卵焼きを詰める。(メインのおかず)
  7. 煮物、胡麻和えを詰め(小さいおかず)、隙間にプチトマトを入れる。

蓮根とひじきの鶏つくね &【スタイリング】秋のお弁当

【フードコーディネーター】
Mayumi Iwataからのワンポイントアドバイス

【蓮根とひじきの鶏つくね】 つくねを成形する時に、手にサラダ油を付けると綺麗に成形出来ます。蓮根スライスは無しでも作れますが、片面に付けると見た目も可愛く、食感良く出来ます。 【秋のお弁当の詰め方】 詰める際は、ごはん→大きいおかず(メイン)→小さいおかず→隙間野菜や飾りの順に詰めていくと綺麗に仕上がります。飾りがない場合は、人参や椎茸などの飾り切りを作ると華やかになります。

このレシピをSNSでお友達に教えよう♪