recipe
レシピ

てまり寿司

【フードコーディネーター】
佐々木ちひろ

カテゴリ ごはんもの, 和食, スタイリング/コーディネート 所要時間 30分 分量 2人分

ひなまつりにおすすめなてまり寿司です。ご飯を丸めたり簡単な工程はお子さんと一緒にも楽しめます。 調理時間は炊飯時間を含まない作業時間です。

材料・分量

ご飯(あたたかいもの) 600g
A米酢 大さじ4
A砂糖 大さじ2
A塩 小さじ1/2
きゅうり 1本
いくら 適宜
生ハム 4枚
レモン 1/2個
チャービル 適宜
クリームチーズ 40g
1個
B砂糖 小さじ1/2
B塩 ひとつまみ
米油 適宜
菜の花(ゆでたもの) 2本
ボイルむき海老 2尾
スモークサーモン 2枚
アボカド 2切れ

下準備・作り方

  1. きゅうりはピーラーで6枚薄切りにする。レモンはいちょう切りを2枚、半月切りを2枚、残りを絞り薄くスライスしたアボカドにかけておく。クリームチーズを1㎝角に切る。菜の花は3㎝に切り先の部分を使う。Aを合わせておく。
  2. 卵を割りほぐしBを加えてよく混ぜる。フライパンを熱し薄く油をなじませ、薄焼き卵を2枚作る。冷めたら細く切り錦糸卵にする。
  3. ボウルにご飯を入れAをまんべんなく回しかけ、しゃもじで切るように混ぜる。粗熱が取れたら、8等分にする。
  4. 【いくらときゅうり】ごはんをラップに包みラップの端を絞って丸く形を整える。きゅうりを少しずつずらして3枚巻く。なじむまでラップで包んでおく。中心にいくらをのせる。
  5. 【いくらと生ハム】ラップにごはんをのせ、中心にクリームチーズを入れて包む。ラップの端を絞って丸く形を整える。生ハムを2枚巻きなじむまでラップで包んでおく。いちょう切りのレモン、チャービル、いくらをのせる。
  6. 【菜の花と海老】ごはんをラップに包みラップの端を絞って丸く形を整える。錦糸卵、菜の花、海老をのせる。
  7. 【サーモンとアボカド】ラップにごはんをのせ、中心にクリームチーズを入れて包む。ラップの端を絞って丸く形を整える。サーモンとアボカドを巻き、なじむまでラップで包んでおく。レモンの半月切りをのせる。

てまり寿司

【フードコーディネーター】
佐々木ちひろからのワンポイントアドバイス

ご飯があたたかいと具材が傷みやすくなるため、少し冷ましてから握ります。

このレシピをSNSでお友達に教えよう♪