recipe
レシピ

冷めても美味しい!おもてなし料理

【フードコーディネーター】
大塚 弘美

カテゴリ 野菜, 肉, たまご, 揚げ物, 焼き物, 和食 所要時間 50分 分量 4人分

事前に準備をしておける冷めても美味しいおもてなし料理です。 今回は取り分けがしやすいように小皿に盛りましたがたくさん作って大皿料理にもおすすめです。

材料・分量

(牛肉の西京焼き)
牛ステーキ肉 1枚(300g)
A味噌 100g
A酒・みりん 各30ml
A砂糖 30g
(自家製がんもどきの銀餡)
木綿豆腐 1丁(300g)
大和芋(すりおろし)・溶き卵 各大さじ2
にんじん 50g
きくらげ(乾燥) 5g
適量
揚げ油 適量
出汁 300ml
薄口しょうゆ・みりん 各大さじ1
しょうが汁 小さじ1弱
水溶き片栗粉 適量
しし唐 8本
(アスパラの出汁巻き玉子)
3個
アスパラ 2本
出汁 80ml
薄口しょうゆ・みりん 各小さじ1
ひとつまみ
サラダ油 適量

下準備・作り方

  1. (牛肉の西京焼き) バットにAを入れて混ぜ合わせ、牛肉をの全体に塗り、ぴったりとラップをして冷蔵庫でひと晩~1日漬ける。
  2. 1を冷蔵庫から出し30分くらいおき常温に戻し、キッチンペーパーで味噌だれを拭きとる。
  3. フライパンに牛脂を入れて火にかけ全体に油をひろげ、強火にし2を入れて両面に焼き色をつけ、弱火にして蓋をし1~2分加熱し、フライパンから取り出しアルミホイルで包み10分くらいおき肉汁を落ち着かせる。食べやすい大きさに切り、器に盛る。
  4. (自家製がんもどきの銀餡) 豆腐をキッチンペーパーで包み重石をして冷蔵庫で一晩水切りをする。きくらげをぬるま湯につけて戻す。
  5. きくらげ・にんじんを2.5㎝長さの千切りにし、さっと塩茹でし水けをよくきる。鍋に出汁・みりんを入れて沸かし、仕上げに薄口しょうゆ・しょうが汁を加えて塩で味をととのえ水溶き片栗粉でとろみをつけ銀餡を作る。
  6. フードプロセッサーに豆腐を入れて滑らかになるまでまわし、大和芋・溶き卵を加え全体が馴染むまでまわしてボウルに移しきくらげ・にんじん・塩(ひとつまみ)を加えて混ぜる。8等分にして丸め、中温の油できつね色になるまで揚げる。
  7. しし唐に楊枝で穴をあけ、高温の油でさっと揚げ塩をふる。器にがんどきを盛り銀餡をかけ、しし唐を添える。
  8. (アスパラの出汁巻き玉子) アスパラを斜め薄切りにする。鍋に出汁・塩を入れて火にかけ沸かし、アスパラを加えさっと加熱して冷ます。ボウルに卵を溶きほぐし、アスパラ・出汁・薄口しょうゆ・みりんを加えて混ぜる。
  9. 卵焼き器にサラダ油(適量)を入れて火にかけ、卵液の1/3量を流し入れ全体を混ぜて半熟状にし手前に巻く。奥にずらしてキッチンペーパーでサラダ油をしき卵液の1/3量を流し入れ卵焼きの下にも行き渡らせ、半熟になったら手前に半分に折り、残りの卵液も同様に焼く。食べやすい大きさに切り、器に盛る。

冷めても美味しい!おもてなし料理

【フードコーディネーター】
大塚 弘美からのワンポイントアドバイス

牛ステーキ肉は程よくサシが入っている物がおすすめです。味噌だれの拭きとりがあまいと焦げやすいので注意してください。 牛肉の焼き時間は厚さやお好みの焼き加減で調整をしてください。 がんもどきのタネを丸める時は手に油をつけるときれいに丸めることが出来ます。

このレシピをSNSでお友達に教えよう♪